乾燥が原因となる肌トラブルとその対処法

投稿日:

肌が乾燥をしていると、いろんな肌トラブルを招きます。化粧をしてもすぐ荒れてしまう、化粧をしていなくても肌が荒れやすい、乾燥して顔に粉が表れてしまうなど症状がいくつもあります。

気を付けるべき肌トラブルから肌トラブルの対処法まで説明します。

乾燥が原因となる肌トラブルとは?

乾燥肌の人は要注意しなければいけません。

人より乾燥しやすい肌のために肌トラブルが起きやすくなり、辛い思いをします。

乾燥肌の人はどうして乾燥肌になるかというと、元々アトピー体質で肌が弱っていたり、体の水分不足により乾燥肌に近づける肌になってしまいます。

肌のかゆみ

肌が乾燥をしていると肌がかゆくなります。

肌がかゆくなる季節は秋や冬の乾燥しやすい時期に注意が必要です。

肌がかゆくなると何をしていても気になり、ときには肌を掻いてしまい余計に肌トラブルを起こしやすくなります。

肌が乾燥してかゆくなるときは、乾燥肌用の体の保湿乳液、顔には保湿のある美容液を塗るように心掛けます。

あまりにもお手入れをせずそのままにしておくと、肌がめくれやすくなったり皮が剥けやすくなり垢と同じように肌の表面に出てきます。

ニキビ・吹き出物

乾燥肌になるとかゆみを引き起こすだけではなく、ニキビや吹き出物やブツブツしたものも出来やすくなります。

乾燥肌になってしまうと要注意も必要ですが、水分をこまめに取ったり、お風呂上がりの乾燥に気を付けるなどの工夫が必要になります。

乾燥肌のトラブル対処法

乱れた生活習慣を変える

生活習慣も乾燥肌を招く原因の大きな一つになります。

生活習慣の乱れとはどんなことを言うのかというと、栄養不足、睡眠不足、大きいストレス、運動を全くしない生活のことを言います。

例えば栄養不足の場合は肌のバリアするための機能に必要な栄養が取れなくなってしまうし、睡眠不足だと肌を休める時間もなくなります。

ストレスは一見生活習慣とは関係ないように見えますが、ストレスが大きいものだと肌の神経から皮膚にまでダメージがいってしまい、ストレスが出たときの悪いものが体も肌も悪循環させてしまいます。

運動をしないと栄養がきちんと行き届かず、栄養は普通に取っても肥満になったりエネルギーを体の中で回すことが出来ません。

こうしたことが起こると肌にダメージが起きてしまい、取り返しのつかない肌になってしまいます。

若いから大丈夫と思っても若いときから備えるのが今後の肌を保つカギとなります。

年中通して紫外線に注意する

実は紫外線も肌の乾燥を招く原因の一つになります。

紫外線に当たってしまうと肌にシミや黒いものが出来やすくなるだけではなく、肌に溜まっていた水分も抜け落ちして今います。

肌は紫外線でダメージを受けているから肌のバリアする機能は上手く働かなくなり、肌が焼けてしまい治るのにも時間がかかります。

若いときはたかが紫外線と思いがちですが、若いときからしっかり対策を行わないとシミが出来やすくなったり、いつの間にか肌が傷んでしまいます。

紫外線は日焼け止めや日傘などを使って工夫するようにします。

年齢肌は特に乾燥に気をつける

年齢が高いと肌が乾燥しやすくなります。肌のバランスが衰えてしまい、若い肌より十分な肌を保護するところが働くなるからです。

一見年齢が高いからどうしようもないと思いがちですが、スキンケアの選び方次第では肌を整えることが出来ます。

どういうスキンケアをすればいいかというと、乾燥肌用の刺激のないスキンケアを使う、もしくは乾燥肌用の年齢肌のためのスキンケアを使うことで肌のバランスが元に戻ります。

スキンケアを維持して使うことで、毎日生き生きとした肌を保つことが出来ます。

保湿の方法や成分を工夫する

保湿の成分はいろいろあり、保湿の成分が自分にあっているものとあっていないものがあります。

保湿の成分として代表のものは、セラミドとヒアルロン酸です。

セラミドは普通に保湿を補い、ヒアルロン酸は弱い肌にもゆっくり浸透する保湿だから同じ保湿でも効き方が違います。

乾燥肌の人は肌が弱い人が多いため、セラミドとヒアルロン酸が両方合う人もいるし、どちらか一方合わない人もいます。

保湿は体の外から補うのだけではなく、ミネラルウォーターを飲んだり、乾燥しにくい部屋に移動するなど対策をすることで乾燥肌も防ぎやすくなります。

無理して乾燥しやすいところにいたり化粧品を使うと悪化を招く元となり、取り返しがつかなくなってしまいます。

まとめ

肌がかゆくなったときはまず掻くことはやめるようにします。

どうすればいいかというと軽くポンと触るかもしくは乾燥肌用の保湿乳液を塗ることで対策を取ります。

肌は動かすことも大事ですが休めることも重要であり、睡眠や運動のリズムがしっかりしていると肌がしっかり整います。

紫外線は夏も多いですが、どちらかというと5月などの春にも紫外線が強い時期であり、春にも注意する必要があります。

少しでも工夫しているだけで今後の肌にも大きく影響を与えます。

Copyright© 美容皮膚科院長開発のアンチエイジング!アンプルールを実際に使って口コミレビュー , 2019 All Rights Reserved.